FX PR

プロトレーダーが使う相場分析ツール:FRの使い方

FX手法フィボナッチリトレースメントのイメージ写真
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

FX相場でトレードするのなら使えるツールが必須

FXの相場はプロとアマチュア(素人)が入り乱れて戦うという、他の仕事・業種にはあまりない世界です。(株式市場などもそうですが…)

なので、Lv50.プロとLv.3素人がフツーに戦えば、結果は言うまでもありません。

なので、めちゃめちゃ厳しい世界にも関わらず、山のような宝箱をgetしたくて、素人は相場というダンジョンにドンドン参入してきます。

プロからすればこれほどオイシイ状態はありませんよね。(はぐれメタルが向こうから来てくれるような状況ですから。)

そんな素人の皆様に、プロが使っている武器(ツール)があることを知ってもらい、自分たちもそれを正しく使えるようになれば、1%でも勝率を上げられるようになるのではないかと思いますので、ご紹介していきたいと思います。

この手法はFX業界では密かな人気ツールで、トレード方法も王道の勝ちスタイルになりますので、実際にコレを使って勝てているトレーダーはいっぱいいます。

わかりやすくまとめたものを無料で公開しますので、ぜひご活用ください。

相場で勝つにはトレンドフォローが最適

FXの勝つ方法は?と聞かれたほとんどの人は「順張り推奨」とか「トレンドに乗りなさい」と言います。

FX商材や勝ち組トレーダーも同じ回答です。

これは株式市場でも同じですよね。有名な投資家やユーチューバーさんも「トレンドフォローは大事、逆張りはキケン。」と言っています。

これについては皆様も「異議なし」ではないでしょうか。

確かに実際にトレードしていても、逆張りを狙ってもダメなときが多いですが、今の流れ…上昇中であれば買い、下降中なら売り、でトレードする方が勝つことが多いのではないでしょうか。

これは、単純に力関係の問題です。

川の流れとか、通勤時間の人の流れをイメージするとわかりやすいと思いますが、流れに逆らって向かっていくことは労力がかかりますが、その流れに従っていくと自然に進むことができます。

なので、順張り(トレンドフォロー)は勝てる逆張りはキケンと言われています。

フィボナッチリトレースメントは最強のツール

順張りが大事ということを踏まえて、ようやくFX最強ツールを紹介します。

それは…ジャーン♪フィボナッチリトレースメント」です。略してFRと呼びます。

このツールの使う目的は、上昇トレンドや下降トレンドのときに、どのタイミングでエントリーしたらいいかの目安を知るために使います。

上昇トレンドであれば「押し目買い」、下降トレンドであれば「戻り売り」のポイントを探すためですね。

これは、順張りでトレードする手法にピッタリのツールであり、相場に作用しやすいことから最強ツールと言われています。

ちなみに、ちょっと前まではFX業者の標準ツールにはあまり搭載されていなかったのですが、最近人気が出てきたのか見かけるようになりました。

FRの設定方法、ラインの引き方、大事な数値

設定方法(MetaTrader 4:MT4の場合)

  1. MT4をダウンロード・インストールします。
  2. テキトーなチャートを開きます。
  3. メニューの「挿入」→「フィボナッチ」→「リトレースメント」をクリック。
  4. とりあえずテキトーにドラッグして引きます。
  5. 引いたFRを右クリックして「Fiboプロパティ」をクリック。
  6. 設定を↓のようにします。(%$)をつけると価格が表示されますが、つけるかどうかは自由です。

設定が完了すれば、緑の2本の線が引かれるようになります。

ラインの引き方

使い方は簡単ですが間違えないようにしてください。(基本です。)

上昇トレンド:チャート画面の最安値から最高値に向かってドラッグする。

下降トレンド:チャート画面の最高値から最安値に向かってドラッグする。

これだけです。

MT4を使っていない人は、上昇トレンドの例で言うと、38.2%が上に来るようにラインを引いてください。

大事な数値

FRを引くと、いろんな数値がいっぱい表示されます。

MT4はカスタマイズしやすいので、要らない数値は非表示(削除)することができますが、他のFX業者のFRは非表示にできないものが多いです。

なので、たくさんの線と数値があることで、逆にトレード中に混乱したり、チャートを見るときに邪魔になったり、値動きの意味を考えずに思考停止してしまうことがあります。

ですので、チャート分析はMT4でやるのが一番オススメです。

と言っても自分のお気に入りのチャートを使いたい人もいると思いますので、FRで一番相場に効く数値を公開します。

それは、38.2%61.8%の2つです。

特に38.2%は相場で効果的な場面が多くあり、非常に優秀ですので、38.2だけでも覚えておくといいですよ。

リアルトレードでの使い方

上のチャートでFRを使ったトレードを解説します。

  1. 強い上昇があったため、FRを最安値から最高値まで引きます。
  2. FR38.2のラインまで価格が下がってくるまで待ちます。
  3. ラインに当たったところで、押し目「買い」をします。
  4. 20~30pips、または直近の高値あたりで利確します。→勝ち!

このように、強い上昇や下降があるときはFRを引いて38.2%まで価格が下がるのを待ちかまえる、というスタイルが鉄板エントリーパターンの一つです。

もちろん、これだけでFXの猛者相手に勝つことは厳しいですが、38.2%ラインで20~30pipsを狙うぐらいなら高確率で勝てる方法ですので、ぜひ使ってみることをオススメします。

また、慣れてくると、50%とか23.6%も使うことがありますが、慣れない内からすべての機能を使おうとしない方がいいです。道具はシンプルに使うのが一番です。

まとめ

フィボナッチリトレースメント(FR)の使い方

・FRはチャート分析ツールの一つ。(FX以外にも使える)
・順張り(トレンドフォロー)押し目買い戻り売りに使う。
・効果的な数値は38.2%・61.8%。
・補足的に使う数字は23.6%・50%。
・引き方は、トレンドが出ているところの最安値と最高値を引く。
・引いた後は、38.2%のラインまで下がったら「買い」→20pipsで利確

≪合わせて読んでみて≫
最強チャート分析ツール:FEの使い方